TOP > シミ治療とストレスの関係

シミ治療とストレスの関係

シミ治療をするのであれば、ストレスというメンタルの問題もクリアしていくことです。


一見するとシミを治療していく過程において、心のストレスは無関係にも思えます。


確かに現代社会はストレス社会と言われていますが、ストレスが肌への影響を及ぼすとは、考えにくいかもしれません。

肝斑治療の最新情報をご提供します。

誰もが大なり小なりのストレスを抱えながら、日常生活を送っています。
ストレスも大きくなりすぎると、体調不良になるように、肌にもダメージとなります。
人間は強いストレスを感じると、無意識のうちに緊張している状態となるため、血行が悪くなります。

血流が悪くなることで、体内細胞は機能が低下していきます。
活性化させるためにアドレナリン分泌を分泌させますが、持続が追いつかないので、今度は男性ホルモンが分泌を始めます。男性ホルモン分泌がいつまでも続くと、今度は中葉の誤作動が起こりやすくなります。

これが、メラニン色素生成をするように、体内で指令を出すことになります。こういった体内の動きにより、ストレスを長期間抱えてしまうと、メラニン色素生成が促されてしまうことになります。

メラニンは新陳代謝で排出されないまま、皮膚に残ってシミになっていくという、無意識のうちに起こるサイクルが働くことになります。



治療方法としては、とにかくストレスが大きくなるまで抱え込まないことです。



大きなストレスになる前に、こまめにストレス発散をすることです。

美味しいものを食べたり、よく眠ったり、ゆっくり入浴を楽しむのもいい方法です。