ゆったりとした時間の中で行われる家族葬

人が亡くなった時の葬儀の行い方にも、いろいろな種類の葬儀があります。

一般の会葬者を招いて行われるのが一般葬です。

オンリーワンの家族葬に関する疑問が解決できます。

そのほかにも会社が主催して行われる社葬や団体や組織が主催して行われる団体葬、遺体を荼毘にふすだけの直葬などいろいろな方法で葬儀が行われています。
最近主流となりつつあるのが家族葬です。
家族葬は、故人の家族や親族だけで執り行われる葬儀のことです。


一般葬と違って会葬者が来ることはありません。
一般葬ですとあらかじめ立てられたスケジュールに従って葬儀を進めていかなければなりませんので、故人の家族や親族はゆっくりと故人とのお別れができづらくなっています。
また会葬者の対応にも追われることから、あわただしい時間の流れの中での葬儀になってしまいがちになってしまいます。
家族葬の場合は決まりきったスケジュールもなく、親しい身内ばかりでの葬儀になりますので、故人の思い出に浸ったり、話をしながら葬儀を行うことができます。

ガジェット通信について詳しく書かれています。

故人とゆっくりとした時間の中でしっかりとお別れをすることができます。



一般の会葬者がいないということで、会葬返礼品も用意する必要がありませんので、費用も安く行うことができます。


家族葬を行う上で注意をしたいのは一般の人には告知を行いませんので、葬儀が終わった後に自宅に弔問客が多く訪れてきたり、親しかった友人や知人がなぜ教えてくれなかったんだとトラブルになることもあります。

最近では家族葬を行った後で、お別れの会を行う家族も多くなってきました。