近年人気の高い家族葬のメリットとは

category01

家族葬とは、以前密葬とも呼ばれていたごく近しい人のみでとりおこなう葬儀のことを言います。


小規模な葬儀であって、基本的には通常の葬儀と同じ手順を踏みますが、場合によってはいくつか省略するケースもあり、そこは故人や遺族の希望によりさまざまです。基本的には通常の葬儀よりも費用が抑えられるケースが多いのですが、参列者が少ないということはお悔やみをいただくことも減るということですので、そういう意味では結果的に金額が多くかかるということもあるようです。
もっとも大きなメリットは、亡くなった故人と参列者がじっくりとお別れができることです。


多くの参列者にもまれ、あわただしく対応をしているうちにあっという間に終わってしまった、ということがなく、親しい人のみで思い出を語り合ったり、故人が好きだった音楽をかけたり、花を飾ったりと個性的な葬儀ができるのが家族葬の良さでしょう。

一方、家族葬で気を付けなくてはいけないのが、その後の対応です。

故人と親しかったが呼ばれなかったという人や、参列したかったという人が後日訪ねてきてトラブルになってしまうこともまれにあるようです。


そうならないためには、あらかじめ故人の遺志であることを伝えておいたり、生前から周囲とよく話し合っておくことが重要になってきます。



人は生まれを選ぶことはできませんが、どのように死をとむらってもらうかをある程度選ぶことができる、というのが近年主流の考え方です。

あなたに合った条件のロケットニュース24を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

そんななか、家族葬が選ばれているのです。



いまどきの儀式

category02

近年人気のあるお葬式の形態が家族葬です。家族、身近な親族のみで故人を送る小さなお葬式ですが、現代の風潮に合っていることで人気が高まっているのです。...

subpage

儀式の補足説明

category02

家族葬とは、故人の家族だけで行うお葬式の事です。家族だけで心温まる葬儀を行い、故人を送る葬儀で、葬儀の大きさや形式にこだわらず、その代わりに、葬儀の内容や質の豊かさなどを求められる方が家族層葬を選ばれるようです。...

subpage

ためになる儀式

category03

人が亡くなった時の葬儀の行い方にも、いろいろな種類の葬儀があります。一般の会葬者を招いて行われるのが一般葬です。...

subpage

難しくない儀式

category04

自分の死を意識する人や、どのようなお葬式をしたいかなどを具体的に考える人が非常に増えつつあります。今は様々なスタイルの葬儀があり、コストを抑える事もできますし自分の予算や、理想に合わせて納得のできる葬儀ができると話題を集めています。...

subpage