家族葬の人気について

近年人気のあるお葬式の形態が家族葬です。



家族、身近な親族のみで故人を送る小さなお葬式ですが、現代の風潮に合っていることで人気が高まっているのです。


その理由としてまず高齢化にあります。寿命が延びたことで、仕事を引退してからの期間が長く、会社関係の方を探すのが大変であること、友人や知人も高齢であり参列してもらうことが大変であること、そして様々なことに対する簡素化が進んでいること、葬儀の準備に追われる大変さがあることなどから、それらの問題を無くすことが出来る家族葬が現代の風潮にマッチしているのです。故人を偲ぶ身内だけの空間になることで、思う存分お別れの時間をゆっくりと過ごし、心の整理をして見送ることが出来る良さや、自分たちが故人にしてあげたい自由度の高いお葬式になることで後悔なくお別れをすることができやすくなります。
また、費用面でも安く済むことで遺族側の負担の軽減もあります。自分の死後、子孫たちに負担をかけたくないという思いから生前のうちに、家族葬を希望する旨を家族に伝えているケースも増えています。見送る方、見送られる側が満足したお葬式なることが家族葬の最大のメリットなのです。

ビジネスジャーナルの情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。

こうしたニーズに併せて書く葬儀会社も家族葬に対応するプランを取りそろえていたり、小さなお葬式専門の葬儀会社も作られています。

家族だけ、親族まで、とても親しかった知人や友人までというように、その家庭によって範囲を決めることができ、満足度の高いお葬式になります。