家族葬を選ばれる際の注意

家族葬とは、故人の家族だけで行うお葬式の事です。

家族だけで心温まる葬儀を行い、故人を送る葬儀で、葬儀の大きさや形式にこだわらず、その代わりに、葬儀の内容や質の豊かさなどを求められる方が家族層葬を選ばれるようです。


家族葬は故人とご家族を優先させる葬儀であり、それが家族葬の特徴で、都会型の葬儀として行われる方も多くなってきましたが、そこには気を付けておかなければならない事もあります。



そこで、家族葬のメリットとデメリットを考えながら、失敗しない家族層葬のあり方について考えていきたいと思います。家族だけで行う葬儀を遺言で望まれる方は家族と親しい方たちのみで送ってほしいと考えていらっしゃる方が多く、また、ご家族が色々と葬儀の準備などが大変なのではないかと気遣われ、心から故人を偲んでくれる方たちに見送って欲しいとの願いが強いようです。ご家族だけのアットホームで心のこもった葬儀が家族葬のメリットです。

しかし、葬儀が終わってから故人とのお別れを望む方がそれぞれに訪れるため対応しきれなかったり、親族や知人の方がお知らせを受けなかったことでトラブルになったりもしてしまう事もあるようです。

@niftyニュース情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

こうしたトラブルを避けるためにも、事前に家族のみで葬儀を行うという事と、参列をご遠慮願う旨を文面でお伝えしておく事が必要でしょう。



お葬式はご家族のものであると同時に、故人と繋がる様々な人たちにとっても大切な儀式です。


そうした方たちへも十分配慮をしてお葬式を進める事が必要になるでしょう。